So-net無料ブログ作成
デッサン ブログトップ

手の描写 [デッサン]

前の記事と同様に20代前半のデッサン。 「良いデッサン家かどうかは手の描写を見れば判る」とよく言われる。 自分が良いデッサン家かどうかはよく判らないが、確かに手はとても複雑な表情をしている。

デッサン02.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:アート

デッサン [デッサン]

10代の後半から20代にかけての10年間程、僕は絵の勉強の為に1日1枚デッサンやクロッキーをするのを日課にしていた。その頃の1枚。セピアのソフトパステルをよく使っていた。サイズはF10。 指先で触ってみると昨日描かれたものの様に赤茶のパステルの粉が指に付き、タイムマシンに乗ってこのデッサンがやって来たような不思議な感覚に襲われる。21、2歳頃のものかと思う。随分貯めておいたが、結局こういった物は押し入れの奥で埃をかぶりゴミになるだけだとある日思い、殆ど捨ててしまった。これは、たまたま生き残った一枚。所要時間は、大体20分程だったが、うまくいかないと30分も40分もぐずぐずとさわっていた。大抵そういったものはろくでもない物ばかりで、ようはただの未練に過ぎない。余談だが、これは粗末な紙を大量に閉じただけの練習帳に描かれている。当時の画材店で売っていた中で一番安い紙だった。高価なスケッチブックを僕はこの頃に買った記憶は無い。広告の裏に描いたりもしていた。当時は絵で飯を食える状況でもなく、レストランや喫茶店などでバイトに明け暮れる日々だったから、まあ有り体に言って金が無かった。 懐かしい日々だ。

デッサン.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:アート
デッサン ブログトップ